ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 仁淀川町地球温暖化対策実行計画(事務事業編)の計画期間延長について

仁淀川町地球温暖化対策実行計画(事務事業編)の計画期間延長について

担当 : 町民課 / 掲載日 : 2019/02/01

1.趣旨
 地球温暖化対策推進法第21条第1項の規定に基づく、仁淀川町の事務・事業に起因する温室ガスの排出量の削減等に関する「仁淀川町地球温暖化対策実行計画」(以下、「実行計画」という。)は、今年度末で計画期間が満了しますが、以下の理由により、平成31年度末まで期間を1年間延長することとします。

【理由】
 実行計画を更新する際には、削減目標(当該計画期間内で二酸化炭素を削減する際に目標とする年度及びその年度における二酸化炭素の排出量)を設定する必要があり、その設定に当たっては、基準年度及び基準排出量として、二酸化炭素の排出実績を把握している直近の年度及びその年度における排出実績を用いるのが一般的です。
 本来であれば、基準年度及び基準排出量に平成29年度の数値を用いて新たな実行計画を策定するべきですが、仁淀川町では平成30年1月に新庁舎へ移転したことから、旧庁舎の実績に基づき設定した削減目標では、新庁舎での実績と大きく乖離する恐れがあります。
 よって、新庁舎における1年分の実績を把握し、より実効性の高い削減目標の設定が可能になるのは直近では平成30年度であり、1年間の計画期間の延長を必要とするため。

2.庁舎の改修内容
・吹き抜けを利用した積極的な自然換気を行い、空調設備の電気料金を節約する。
・LED照明を自動的に調光制御し、消費電力を節約する。
・自動点灯、スケジュール制御による運用保全により、省力化を図る。
・執務エリア等に効率的な居住域空調(床拭出)を採用し、電気料金を節約する。