ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 仁淀川町について > 町長あいさつ

町長あいさつ

「ひとりひとりが輝き 誇りが持てる あたたかいまち」へ

 我が国の経済は、アベノミクスの効果により景気回復の兆しが見えてきており、一億総活躍社会の実現を目指した取り組みを進めているものの、地方経済はまだその波及効果を十分に実感することができていない状況にあります。
 仁淀川町は合併後13年を迎え、国からの支援措置が段階的に減少する中で、過疎化や少子高齢化に歯止めがかからず、基幹産業である林業や茶業の低迷が続くなど厳しい状況にありますが、仁淀川町らしい生活スタイルの確立と地域固有の資源などを活かしながら、「信頼と協働のまちづくり」を引き続き行ってまいります。
 平成28年3月に一部改正を行いました、まちづくり計画の「ひとりひとりが輝き 誇りが持てる あたたかいまち」を基本理念として、次の8つの方針を定め各施策に取り組んでおります。
 (1)環境にやさしい暮らしづくり
 (2)安心・安全な生活環境づくり
 (3)地域ぐるみの健康づくり
 (4)地域の技と知恵を受け継ぐ教育・文化づくり
 (5)地域の個性を活かした産業づくり
 (6)新たな風を吹き込む出会い楽しむ交流の場づくり
 (7)移住促進による地域づくり
 (8)雇用の拡大による生活基盤づくり
 子どもから高齢者まで安全で安心して暮らせる生活環境を整備し、自然や伝統文化など仁淀川町らしさを大切にしつつ、地域資源を活用した産業により豊かさを享受でき、誰もが誇りを持ち、自慢できる持続可能な魅力と活力あふれるまちづくりを目指していきます。
 住民の皆さまとともに知を結集し、「ふるさとを守り、魅力と活力のある町として未来につなぐ」ための形づくりを実現するために、誠心誠意全力を傾注してまいります。

平成30年8月1日  
仁淀川町長 大石 弘秋