メニューを飛ばして本文へ

「協働の森づくり」森林体験研修について

担当 : 産業建設課 / 掲載日 : 2010/04/26

 仁淀川町、高知県、川崎重工業(株)、カワサキプラントシステムズ(株)が取り組んでいます環境保全事業「協働の森づくり」の一環として、4月21日(水)から23日(金)までの間、カワサキプラントシステムズ(株)の新入社員研修が長坂山や鳥形山などで行われました。
 現在、仁淀川町は、カワサキプラントシステムズ(株)が開発したバイオマス流動層ガス化・ガスタービン発電設備により、地元の間伐材や林地残材等をバイオマス燃料として活用し発電や熱供給を行なうとともに、ペレットを生産して地元の施設で重油代替の燃料として利用する事業を行っています。



環境と森林についての実地研修

間伐実習(1)

間伐実習(2)

間伐実習(3)

鳥形山石灰石鉱山見学

研修の最後に



HOME > 「協働の森づくり」森林体験研修について

PC版を見る

スマートフォン版を見る

PAGE TOP