メニューを飛ばして本文へ

介護保険認定に基づく障害者控除(所得税・地方税)のお知らせ

HOME > 介護保険認定に基づく障害者控除(所得税・地方税)のお知らせ

担当 : 保健福祉課 / 掲載日 : 2016/02/29

身体障害者手帳の交付を受けていない方でも、介護保険の要介護3以上の認定を受けている方は、「障害者控除対象者認定書」により所得税や住民税の障害者控除の対象となる場合があります。

<障害者控除の適用を受けられる方>
 介護保険の要介護3以上の認定を受けている方またはその方を扶養している配偶者や親族の方で、所得税または住民税が課税となる方(※非課税の方は控除を受ける必要はありません。)。

<申請のできる方>
 本人またはその家族、親族。

<申請の手続き>
1.「障害者控除対象者認定申請書」に必要事項を記入のうえ、提出してください。
※申請書配布や提出先は、保健福祉課、各総合支所健康福祉課です。
2.申請書を提出いただいた場合は、担当課で認定の可否を確認し、「障害者控除対象者認定書」を交付します。
3.「障害者控除対象者認定書」を所得税及び住民税の申告時に税務署等へ提示してください。

<お問い合わせ先>
保健福祉課35-0888、池川総合支所健康福祉課34-2112 仁淀総合支所健康福祉課32-1132



PAGE TOP