メニューを飛ばして本文へ

よくある質問

HOME > くらしの情報 > よくある質問 > よくある質問

担当 : 企画課 / 掲載日 : 2020/06/09

☆移住のこと☆


  • 移住を考えているのですが、何から始めたらいいのでしょうか?

A  移住先は決めていますか? 高知へは来たことがありますか?
まずは、自分の中で「なぜ高知へ移住したいのか?」「移住後は、どんな暮らしをしたいのか?」など具体的に描きましょう。
手始めに、高知県主催の移住相談会などに足を運んで情報収集をしてみてください。
旅行のつもりで、あちこち訪れるのもよいと思います。
「ああ、ここだ」と思う町がきっとあります。
また、思い切りも必要です。実際に住んでみないとわからないこともたくさんありますので。

お電話やオンラインでのご相談を承ります。
移住には、ご家族の意見も重要です。ご家族がご納得いただけるアイデアのご提案など、さまざまな角度からお話しをお伺いします。

一本の電話から、一通のメールから移住に向けての第一歩が始まります。
皆さんにとって、運命となる第二のふるさととの出会いがありますように。


  • 移住について、どこに相談すればいいのですか?

A  仁淀川町では移住に関する総合窓口を設置しております。
仁淀川町役場企画課 移住相談員 西まで
  TEL 0889−35−1082
  Mail:niyodolife@town.niyodogawa.lg.jp


  • 仁淀川町に移住した方の体験談を聞かせてほしい

A  移住相談員である私自身が関西から移り住んだ人間ですので、お電話いただきましたら、体験談をお話しできます。
また、移住相談会には現役の地域おこし協力隊が参加することもありますので、お越しいただければいろいろなお話をお聞きいただけます。
“インタビュー”では移住の方だけでなく、地元の方のインタビューも掲載しています。



  • 移住に向けて田舎体験をしたい

A  一時滞在施設がご利用可能です。
  町内にシェアハウス形式のお試し住宅を整備しており、1か月単位でご利用いただけます(空き状況にご注意ください)。
  まずは短期間仁淀川町を体感してみて、じっくりと検討してください。


☆家・仕事のこと☆


  • 住む家はどのように探せばよいですか?

A  仁淀川町では空き家情報を“空き家バンク”で公開しています。



  • 家賃相場はいくらぐらいですか?

A  空き家の立地や状態によって、価格はさまざまですので一概には言えません。
おおむね、月2〜5万円程度が多いようです。「都市部でワンルームを借りられる家賃で、一戸建てが借りられる」というイメージが近いかもしれません。
「修理代は借主持ち」という物件もありますが、そのような物件の家賃はさらに低めに設定されるケースがあります。
賃貸条件は、家主の希望によりさまざまです。不動産業者が仲介を行わないケースがほとんどですので、入居前に直接家主とよく相談してください。


  • 空き店舗を借りて開業したいのですが?

A  仁淀川町空き家バンクでは店舗物件も取り扱いますが、数が少ないです。
ご希望の物件がない場合でも、最適な方法をご相談させていただきますので、役場企画課までご連絡ください。


  • 引越しする際に、何か支援はありますか?

A  仁淀川町独自の引越し費用への補助金があります。
また、高知県で行われている無料会員制度「高知家で暮らし隊」に登録していだくと、引越特典がご利用可能です。



  • 仁淀川町に移住した場合、仕事はありますか?

A  仁淀川町役場に「無料職業紹介所」を設置予定です。
仁淀川町版のハローワークのイメージです。
本年秋頃の本格運用開始を目指して、準備中です。



  • 林業がしたい

A  面積の90%以上が山林の仁淀川町は、古くから林業の盛んな町です。
仁淀川町では、町内の林業事業者と協力し、“林業研修制度”を行っています。
実践的な研修体制のほか、家賃補助などの充実した支援体制は、非常に先進的かつ意欲的な制度で、全国各地からの視察申し込みが絶えません。

この制度により、多くの方がゼロから林業家としての道を歩み始めています。
役場での担当部署は、産業建設課(担当:奥田・大原)です。
移住相談窓口か、産業建設課(0889-35-1083)まで直接ご相談ください。



  • 農業がしたい

A  仁淀川町は、高知県下で一番の日本茶の産地です。
多くの茶農家があり、毎年4月から5月にかけての新茶の季節は、連日茶摘みが行われています。
仁淀川町は、町中どこに行っても茶畑のある風景です。
生産者の高齢化や担い手不足で放置される茶畑も目立っており、課題となっていますが、近年若手生産者が意欲的に生産活動を行っています。
茶葉を活用したプリンやスムージーなどの加工食品製造や、日本茶をテーマにした飲食店、無農薬栽培の挑戦など、新しい試みも始まっています。

お茶以外には、標高の高い農地を利用したトマト栽培などが行われており、一部のトマトはブランド化し高値で取引されています。
そもそも、急峻な地形が大半の仁淀川町は、自家消費が中心の小規模農家が多い町ですが、標高や土質が変化に富むことから、多様な作物の生産が可能です。
収穫期は特に忙しく人手を必要とします。まずはそのような農業体験から始められることをお勧めします。

町や県では各種支援制度を設けております。ご相談ください。



☆暮らしのこと☆


  • 仁淀川町の気候はどうですか?

A  仁淀川町の天気の特徴です。
・標高差が大きく、気温や天気の変化が大きい。
・梅雨の時期の降水量が特に多い。
・台風の影響による雨も多い。
・冬には、積雪となることもある。 など

加えて、山に囲まれた地形ですので、天気の急変があります。


  • インターネット環境は整っていますか?

A  国道沿線を中心に、光回線を整備しています。
国道から離れた集落などの、数百世帯が光回線未整備です。


  • 車の免許があった方が良いのでしょうか?

A  地方の公共交通機関は路線数が少なく、便数も少ないため、快適な生活のためには、自家用車を持つことをお勧めします。


  • 病気になった時、すぐにお医者さんにかかれるのでしょうか?

A  町内には、医療機関が4カ所ありますので、体調が悪いときにはすぐに診てもらえます。専門的な治療が必要な場合は、近隣の市町村の総合病院に行くことになります。
   また、救急の場合には、救急車やドクターヘリなど迅速な搬送ができるような体制も整えています。



  • 買い物をする場所はありますか?

A  コンビニやJAの事業所、個人商店などで最低限の食料品や日用品を買うことができます。


  • ゴミの出し方は?

A  指定ごみ袋で、町指定のごみステーションに出してもらいます。
大まかに、可燃ごみ・不燃ごみ・資源ごみ・粗大ごみ、の4種類の分別です。
隣町場所に清掃センターがあり、持ち込み処分も可能です。(40円/5キロ)(2020年4月現在)



  • 町内に野生動物はいるのでしょうか?

A  集落近くではイノシシのほか、タヌキやウサギなどが目撃されます。
シカやサルに遭遇することもあります。
季節にもよりますが、動物は夜間に遭遇することが多く、車のライトを見ると飛び出してくる習性のものもいます。運転には十分に気を付けてください。


  • いわゆる“町内会費”はいくらくらいですか?

A  年数千円〜2万円程度で、地区により差があります。
町内会費という言い方はせず、区費や区会費などの呼び方があります。
地区の様々なことは、引っ越し後に区長さんに確認してください。


アクセスのこと


  • 最寄りの空港は?

A  車で約90分の高知空港です。


  • 最寄りの鉄道駅は?

A  仁淀川町から車で約30分のJR土讃線佐川(さかわ)駅です。
  高知駅までは普通で約60分、特急で約30分です。


  • 最寄りのインターチェンジは?

A  車で約40分の“伊野インターチェンジ”です。
高知市内および松山市内方面へは通常一般道利用です。





PAGE TOP